ビジネス人間力(企業が求める人間力)を高める:人間力研修、マナー研修、社員研修のソフィアパートナーズ

サービスメニュー「MASメソッド」
人材育成のソフィアパートナーズHOME>サービスメニュー「MASメソッド」

研修をしても成果が出ないのはなぜ?

研修効果を高める 「MASメソッド」

研修で知識やスキルを教えるだけでは、人は育ちません。
「教育」では、
「教:OffJT」で教えて気づかせ、
「育:OJT」で気づきを実践・習慣化させることが大切です。
研修で成果を上げるためには、「教」と「育」との連動が重要課題といえます。

そこで、研修効果を高める「MASメソッド」を開発いたしました。

「MASメソッド」のトライアングル体制を築くことで、
本気の行動と周りの協力が社員の行動変容に繋がります。

モチベーション

事前課題に取り組むことで、
受講者の問題意識や意欲を高め、課題を明確にします。
事前課題、ヒアリング、アンケート等の実施により、
本人や職場の現状把握ができます。
抽出課題を研修で共有、解決に向けて学ぶことで
やる気が高まります。

上司の支援・協力により、
受講者への動機づけを行っていただきます。

研修当日は、上記現状をもとに研修の動機づけを行います。
スキル面だけでなく、マインド面(働く意識・人間力向上)にも働きかけます。
事前課題やアンケート情報を研修の場で共有します。
自己成長や職場改善に繋がるゴールイメージが見えることで、モチベーションを高めます。

アクション

研修ゴールを明確にして研修を実施します。

研修で学んだことがすぐに実行できるように、アクション(具体的行動レベル)に落とし込みます。
行動計画を本人が決めて、決意を促します。

サポート

アクションの継続と定着化には、上司や周りのサポートが欠かせません。
サポートの仕組みに従って、ツールも活用し支援を行います。

サポートの輪が上司から周りに広がることで、「応援する職場風土」が育ちます。
職場全体で協力・応援する風土が根づくことが重要です。
現場の成果は「本人の取り組み」「上司のサポート」「応援する職場風土」、
これらが相乗効果を引き出して、イキイキした人材・ワクワクする職場を育てます。

 

このように、
Mは、事前の動機づけが受講者のやる気を高め
研修では課題解決のために必要な知識・スキル、考え方等を徹底的に教えます。

Aは、現場で行動するべきことを明確にし、それを実践します。
実践の継続には、上司のサポートが重要です。
研修後には報告会を設け、傾聴・承認し、協力を約束します。

Sは、上司の支援、職場に協力・応援する土壌をつくることで、行動が継続します。
この取り組みが「応援する職場風土」を育てます。

貴社にあった「MASメソッド」で研修効果を最大限に発揮します。

 

研修で成果を出す「MASメソッド」の仕掛け・仕組み

  1. 現場の課題を明確にし、計画的に実施する
  2. 事前課題への取り組み、研修の問題意識と意欲を高める
  3. 研修に送り出すときの動機づけを行う
  4. 上司と研修内容を共有する
  5. 上司・先輩も研修での学びをOJTで実践する 
  6. 上司は研修報告を受け、その後の協力とサポートをする
  7. 受講者はアクション計画を作成し実践する
  8. 研修後は、内容を共有できる場を設ける
  9. 研修で成果を出した人を表彰する
  10. 修効果の出たことをマニュアルに落とし込む

 

トップページ成果の出る研修とはセミナー予定新入社員研修テキスト販売MASメソッド研修プログラム研修のモットー研修実施までの流れ

お客様の声人材育成に対する考え方と想いネットワークコンサルタントプロフィール実績紹介マスコミ掲載ご相談・お問い合わせプライバシーポリシー

ビジネス人間力研修:人間力研修、マナー研修、社員研修のソフィアパートナーズ

人材育成のソフィアパートナーズ

〒545-0022 大阪市阿倍野区播磨町1丁目8-22-903
TEL:06-7502-1290/FAX:06-7502-1290

Copyright (C) 2011 Sofia Partners All rights reserved.